播磨屋ホオムペヱジ
フォーミュラフロント攻略リプレイ
「俺、このシーズンに優勝したらベアトリスと結婚するんだ」


播磨屋残日録へ エントランスへ
ACFF用語辞典を制作しました。新語は随時書き込み中
第1話:夜野戦術研究会の新たなる戦い
■我がチームこと「夜野戦術研究会」もようやく全レコードの更新も終わり、
チップもPS2版で集められるチップは全て集まりました。
EXTRAもクリアし「もうする事がなくなったかな?」となった時ふと考えました
「特定企業のパーツだけを使って優勝する」
つまり「CREST ind.」や「ミラージュワークス」のような縛りをかけたら自分は優勝できるのだろうか?
と、アーキテクトレベルの上昇のためにも挑戦したいと思います。
まず最初に「CREST ind.」のレギュレーションでクリアに挑戦します。
レギュレーション:
1・外装(基本フレーム+武器+エクステンション)はクレスト製のものを使用する
2・ただし、内装(ジェネレータ、FCS、ラジエータ、インサイド、オプショナルパーツ)に限りキサラギ製のものを使用してもよい
3・オペレーションチップは自由に使用してもよい
4・ゲーム中断、オーダーミス、アセンブルミス以外等やむを得ない事情以外でロードしない
なお、チップ充実させるためにシーズン24からスタートします。
■アセンブルしましょう
フォーミュラフロントのシーズンモード(Xリーグ)というのは
「ネオニアに常勝できるチーム」を制作するゲームと取ってもらっても構いません。
それくらいネオニアは強敵です。他にもロードスター、キサラギといった強チームも存在しますがまだ何とかなるレベルです
(それでもなめてかかると全滅させられますが)
通常ならばパルスタンクでも並べてゴリ押しすればいいのですが、
武器は全てクレスト製でなくてはならないためパルスキャノンやカラサワといったほとんどのEN武器が使えないというのが痛い。
下手をするとガチタンを沈められない恐れすら出てくる。
逆に実弾系腕武器は優秀なものが充実。武器腕バズが使えるのも大きい。
色々考えた結果タンク二台とタンク殺し三台を用意することにしました。
AC1:64式 武光 ガチタン。背中の主砲で相手を瞬殺する火力の塊
AC2:31式 護法 ガチタン2号。とにかく手数勝負
AC3:42式 飛燕 回りこみフロート。接近して後ろに回りこみバズとショットガンで相手を葬る。
AC4:03式 火龍 武器腕四脚。タンクキラー。弾が少なすぎて2戦持たないのが難点
AC5:07式 仁王 ミサイラー。距離を取ってライフルと垂直ミサを当てていく遠距離型。地形によっては役に立たない
名前はウルフファングの機体名から取ってます。
一通り満足のいく機体を組み上げることができました。いよいよ実戦です。

何だこの組み合わせは。
いきなり強チームであるロードスターとキサラギにぶち当たりました。眩暈がしそうです。
どうなるんだこの先。次回へ続く!


第2話「波乱のリーグ開幕!」

第1戦 NWロードスター
とにかく先鋒〜中堅までのタンク三連戦がきっついチーム。
毎回上位に名を連ねてる強豪。

頑丈なタンク三連戦に加え広いフィールドでの撃ち合いになるため
弾数の多い護法を先鋒にし、タンク殺しの回り込み機と遠距離機を配置。
捌ききれなかった事を考え瞬間火力の高い機体を後詰に回しました。
オーダー:
先鋒:31式 護法 バズ+カルサワ+リニアカノンの長期戦タイプ
次鋒:42式 飛燕 回りこみフロート
中堅:07式 仁王 遠距離ミサイラー
副将:64式 武光 主砲ガチタン
大将:03式 火龍 武器腕バズ四脚
オーダーを済ませいざ実戦。結果は…

何とか勝ちました。
何とガチタンが初戦で敗退。
ダブルトリガーが上手く働いてる時は連続でダメージを与えられるのですが
いかんせん瞬間火力で負けている模様。アセンから考え直す必要があるようです。
タンク殺しの二体が上手く二機づつ仕留め主砲タンクでとどめ。
辛うじて勝てましたが31式護法はもう一度1から作り直す必要があるかもしれません。

そして第二戦の相手は、タンク三台を擁する強豪「オーガ」。
場所はまたもや広いフィールド。どうなる夜野戦術研究会?


第3話「巨大武装タンクを撃破せよ!」

第2戦 オーガ
タンク三台を擁する強豪チーム。常に上位にいるがネオニア、キサラギ、ロードスターの上に入れない。
というのも重装機体ばかりのチームなので回りこまれると何もできなかったりします。
さて前回タンクに代わる新戦力の投入を余儀なくされたのですが、
鈍足集団のオーガということで天敵となる近接回り込み機体を構築することになりました
最初軽量二脚を構築したのですが、旋回と火力を重視するとAPが7000を切りがちになるため一旦捕まると一方的に潰される事が多いので継戦能力を考え旋回四脚に。
武装はあれこれ試しながら火力と弾数、重量のバランスが取れているショットガンにしました
試行錯誤を繰り返し、レギュに泣きながら何とかできました。

これが夜野戦術研究会の新メンバー、29式蔵王だ!(ナレーション:政宗一成)
頭部 :CR-YH85SR(0/0/6/4/0)
コア : CR-C75U2(0/3/0/7/0)
腕部 : CR-A72F(0/0/0/10/0)
脚部 : CR-LF71(0/0/10/0/10)
ブースタ   : CR-B83TP(0/0/10)
ジェネレータ : CR-G78(0/10/0)
ラジエータ  : RAGORA(0/0/10)
FCS      : KOKUH
インサイド    : NONE
エクステンション : NONE
右肩武器 : NONE
左肩武器 : NONE
右手武器 : CR-WR84S
左手武器 : CR-WH01SP
右手格納 : NONE
左手格納 : NONE

オプションパーツ
CR-O69ES
CR-O69SS
CR-O71EC
CR-O79L+
CR-O86R+
MARISHI
KANGI
ベースキャラクター
距離:-14
行動:-6
ダッシュ:+5
ジャンプ:-16
走行:-16
戦略:+16
パフォーマンス
敵:5
地形:1
攻撃:10
防御:0
熱:10
EN:9
機体:10
移動:10
武器:10
索敵:10
オペレーション:フルスケールアタック(ATA-2)×2
開幕ダッシュで一気に接近、相手の背後に回りこみ至近距離からWショットガンのラッシュを浴びせていきます
適当にダッシュをやめさせる調整とEN管理に手間取りました
オーダー

デビュー戦ということで蔵王を先鋒に。あとはロードスター戦と同じ。
第1試合
回り込んでからは相手に付け込む隙を見せず
予想以上にショットガンのラッシュが凄まじく、1セットで1000のAPを奪う火力を見せつけ勝利。
第2試合
重装二脚との試合。相手の旋回能力が悪いため一旦付け込むとほとんど何もさせないまま勝利。
第3試合
対重装四脚。同じ回り込みタイプなためお互いを追いまわす展開になったものの、時折相手が歩く隙にラッシュを叩き込む形で勝利。
第4試合
ホバータンク戦。回り込んでからの一方的な試合展開で勝利。
残弾が少なくなってきたもののこのまま5連勝かと思いきや…


何とその後三連敗。一発当たるとアドバンテージがひっくり返る主砲の恐ろしさを垣間見ました。

しかし進撃もそこまで。主砲タンクできっちり相手を仕留める。

勝つには勝ったものの様々な課題を残す試合となりました。
果たしてこんなことでネオニアに勝てるのか?

ついに次の試合は三強にして変態集団。キサラギチームとの戦い。
幸いにもキサラギには不利な広い場所での戦いだが…


第4話「戦慄!AMIDA音頭」
第3戦 AF KISARAGI

今回の対戦相手はチームキサラギ。
キサラギチームの割にはRAKANやSYURAを使ってないんですが
命中が見込めない射突型ブレードを持つ機体が二機いる時点で変態集団です。
それでも3強。何故か3強。はっきり言って何度戦っても得体の知れないチームです。
とりあえずタンクが強力なので様子見として遠距離機をぶつけそこから糸口を掴もうと思います。
第一試合


何と距離を取るように設定した筈がタンクに密着するような行動を取る。
みるみる内に炙られて死亡。
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ミサイルを撃てるように距離を取るAIを設定したと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにかタンクに密着していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
恐るべし超能力タンク。
第二試合


思うに火炎放射器だけだと敵分析や間合い取りが狂うようです。
それでもタンクはタンク。火炎放射器の弱点であるサイトの極端な狭さが災いし、回り込み機体で回り込まれてボッコボコに。
第三試合


ミサイラーなんですがEOも持ってるというよく分からない機体。
旋回が死んでいるため回り込まれてボッコボコに。
第四試合


お互いが回り込みを繰り広げる接戦を繰り広げるも
新バズ+オービットの雨アラレを喰らい轟沈。
第五試合

健闘するもののギリギリのところで倒せず。
どうやらフロートも再構成を考えないといけないようです。
第六試合

消耗した相手に主砲でトドメを刺す。
第七試合


のろのろ走るタンクに主砲とバズーカとナパームロケットを浴びせ完封。
第八試合

2発しかない主砲をしょっぱなに外すという失敗を犯し弾切れに。
相手も火力不足から倒しきれない状態に陥り時間切れ。
第九試合


お互い最後の一機までもつれこんだ最終戦。
切り札の切り札、武器腕四脚を用い勝利。

辛うじて勝利した訳なんですがここで問題が起きました。
現在のところトップのキサラギが1試合を残し撃破差7で1戦を残しました。

我らが夜野戦術研究会は2試合残しの撃破数5。
もしキサラギがオーガ戦で5−2とし撃破数を10に伸ばした場合
我らが夜野戦術研究会は残りの試合全てを5-2で勝ち、
撃破数を11としなければこのブロックでの1位は獲得できません。

ブロックでの1位を獲得できないということは、1〜3位順位決定戦に出られないことを意味します。
その時点でこのヒルサイドGPの優勝がなくなるということです。

万年最下位のオッセルヴァトーレはどうにかなるとしてFTエリアスは確実に5-2、できれば5-1で勝利しなくてはこのリーグでの優勝が危うくなるという状態になってまいりました。

揺るがぬ完璧なる勝利を得るために我らが夜野戦術研究会が用意した新戦力とは!?

播磨屋残日録へ エントランスへ
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー