播磨屋ホオムペヱジ
フロントミッション トレーディングアーツ+ ステージ2
大きさ比較。サヴェージさんの出来はいいと思うのですがこうして比べるとのっぺりした感じが。
という訳で買ってまいりましたトレーディングアーツ第2弾です。
そういえばFM5予約特典である強盾のアナザーカラープレゼント応募ハガキをないないされてるのを忘れてました。
脳障害レベルが上がってたようです。
約700円という高額商品だけあって造型に関しては満足のいくレベルです。
ただ箱買い(12個)してシャカールが4つダブるとかいういい加減なアソートはどうかと思います。
ちなみにパッケージの装備ははっきり言ってちぐはぐこの上ないので武器類は持ち替えさせてます。
▼107式 強盾(キョウジュン)
FM3rdと5thに登場。
OCU日本のイグチ社製。同タイプのレクソンに比べて打たれ強いので割と重宝しました。

もうこれでもかというくらいディテール入りまくりです。以前コトブキヤから出たアクションフィギュアと比べても密度が濃くなってます。

▼グラップル
格闘戦特化機体。FM3rdと5thに登場。FM5では特殊条件を満たさないと手に入らないレア機体。
な割にはパーツが重く余剰出力を稼げない微妙な子。

グラップルは関節の干渉がひどくあまり動きません。股関節のボールジョイントの径は広げたほうがいいかもしれません。
パイルバンカーは可動して打ち出せます。

▼ハスキー
ECイギリスのセンダー社が開発した機体。FM1stと4thに登場。
機動力重視のアサルト向け、なんですがシリーズ通してあまり便利な機体じゃないので使ったことがそれほど無かったり。

ヒーロー、というよりかはいいやられ役っぽさが出ててイカス。頭や胴体の造りはお気に入り。

▼シャカール
OCUインターゲーン社製。フェンリルシステムを使用すれば無人制御が可能。
FM2ndと5thに登場。FM5ではある条件を満たせばショップでも購入可能。
脚部の回避率が優れてるので足だけ使ってました。

最初にラインナップの一報が入った時「ええーっ!!」と思ったのがシャカールです。まさか2ndに出た超マイナー機体が出るなんて。
シャカール独特のフォルムとディテールがよく表現されてます。
センサーバックパックの円盤部分は回転します。

▼クラスタシア
ECイタリアのバレストロ社製。機動力を犠牲にして積載量を上げた重装備型。
サバイバルシミュレーターの70F以降でないと落ちてないレアパーツだったりします。

出来のいいトレーディングアーツの中でも一番の出来なんじゃないかと思うクラスタシアです。
胴体の造型もさることながら、逆関節MOEMOE

分解図。パーツの構成はどのヴァンツァーもほぼ同じです。
ヒジやヒザの関節は同じ物が使われています。コスト削減の問題か。

総じて非常に良い出来だと思います。特にクラスタシア。
次回は非二脚機体だけを出して欲しいですな。デスマッツとかルフトローバーとかクラブサンUとかイーゲルツヴァイとか。

播磨屋残日録へ エントランスへ
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー