播磨屋ホオムペヱジ
尾道巡礼の旅「ゆりえ様の足跡を追って」その1

やって来ました尾道です。いきなり尾道水道が一気に見えた時はちょっと感動しましたよ。
向こう岸では大和さんの実物大セットが公開されてました。ラムネはありません。

劇中で何度か出るフェリー乗り場。大和セットを見に行くのか車でいっぱいでした。
昼頃着いたのでとりあえず昼食ということで「尾道ラーメン」を食ったんですが…微妙。
駅前のラーメン屋はかなり不味いそうなので食わないほうがいいかも

港周辺をブラブラと。DVD2巻ジャケでアイス食ってたあたり。
劇中では無機質なコンクリートの壁だったんですが今ではきれいにタイル貼りされてます。

アーケードへ。何と、モトコー三番街の巨大ウルトラマンと同じ仕様のウルトラマンAを発見。
高架下のそれと比べると非常に状態が良く驚きました
更にふと立ち寄った古本屋で長年探していた小林源文の初期作「装甲擲弾兵」「パンツァー・フォー」「パンツァー。クリーク」を購入。
これもゆりえ様の思し召しに違いない。神に感謝。

実は播磨屋、裏路地マニアだったりします。街行くとこういう構図ばっか撮ってます。
街の真実の姿は表通りじゃなくこの狭い道にあると思う訳ですよ。

鍛冶町。かつてそう呼ばれていた路地。そう地元の方が教えてくれました。
今では最後の鍛冶屋さんも潰れ、時代に取り残された荒涼感が漂います


その2へ→

播磨屋残日録へ エントランスへ
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー