播磨屋ホオムペヱジ

9/19(金)
■科学特捜BBRレビュー。
じゃー登場人物から。
木場 猛(キバ)
名前からお察しできると思うが、ポジションはキバヤシ。一見ホビー漫画によくいる単細胞熱血バカジャリかと思いきや小学五年生にしてトンデモ理論で話をややこしくする天才。この年で嫌になるほどネガティブ事ばっか言ってたらまずいじめられるぞ。絶対。
前田 哲(テツ)
動物博士、らしい。気の弱いデブ。BBR唯一の良識人だがまんまとキバ(ヤシ)理論に飲み込まれる。とりあえず解説ジャンルの被るキバの姉と替われ。
直江 綾(アヤ)
萌え担当。デジカメを常時携帯してるっぽい。ネットとかコンピュータ関連担当。一見まともそうだがキバ(ヤシ)理論を変な方向で後押しして話をややこしくする。イメージカットだけだが水着とかチャイナ姿を披露してくれる。おびえ顔萌え。
■あらすじー
■読者代表で呼ばれた三人にテストが行われます。現れたのは元MMRのイケダ。新MMRのナワヤといいOBの影が色濃いんですな。
■テスト内容はタマちゃんについての調査。一年以上も過ぎて何尾今更という感じがしないでもないですが。グッズをくれる所といい、何か一昔前の少年探偵団が混じった学研の科学マンガっぽい展開です。
が、このぬるい駆け出しからちゃんと人類滅亡のシナリオが出来るんだから凄すぎです。
■荒川上空を飛んでいた鳩がおかしいのを見てキバはタマちゃんが迷った原因は地磁気異常にあると推理。タマちゃんの捜査から地磁気の捜査へすり替わります。
■もうキバ(ヤシ)節炸裂。地磁気が一定周期で逆転するのはまぁ許すとして消滅したら逆転もクソもないだろ、と思うのだが。

↑何気に萌えカットを入れる当たり油断できないぜ……
■キバのトンデモ理論をすんなり肯定するアヤ。それって不思議ミステリーとかいう問題じゃないです。
そんなこんなで晴れて三人はよく分からないウチにBBRの試験に合格します。ただし、BBRギアの中身は不明。変身ベルトでも入ってるのか?
■キバのお姉ちゃん。じょしちうがくせい萌え(ぉ)つーかデブと替わって下さい。あとはキバの担任の巨乳で頭悪そうな美人新米教師(俺的妄想)が加われば…
:;y=_ト ̄|○・∵. ターン

そして話は核心へ。断っておきますが最初はタマちゃんの迷走の原因を調査するのが目的です。
キタ――――――!!!!
もうこうなるとキバを止められる人間はいません。キバヤシ本人ですら怪しいです。
■レジデント・オブ・サンー!!ガキ相手にも全然容赦ない所がイカスー。
■あからさま怪しい男キター!つーか過激派か何かに間違えられて警備員に取り押さえられそうですが。
一見新生MMRのあの人に見えなくもないのは気のせいでしょうか?
UFOかよ!!!!
もう次回で「グレイ」とか「黙示録」とかいう言葉が飛び交っても不思議じゃなくなってきました。てな所でつづく。

■ぶっちゃけ新生MMRより面白いんじゃないでしょうか。まだ作画にぐらつきがありますが「な、なんだってー!」とかを何回も描いてりゃ慣れるっしょ。
隠しページを作ったのさ……ヒントはこのページのどこかにある……誰かがそう教えてくれた…………この件に関しての質問は受け付けないぜ……

戻るとは新たな黙示録だったんだよ!俺にだって…分からない事くらいある
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー